不快な症状を楽にする方法(合わない靴による疲れ)

靴の減り方で『ひざの悪い人』・『腰の悪い人』がわかる

足に合わない靴を履いていると、≪魚の目≫≪外反母趾≫≪タコ≫などの不快な症状から、

 

【腰痛】【ひざなどの関節痛】【頭痛】【便秘】などの病気になってしまうので、恐いですよね!?

 

足に合う靴を履くのは、当然のことのようで、とても重要なのです。

 

 

特に、足のサイズより小さめの靴を履いている人は要注意ですよ!

 

なぜかというと、足の血流が悪くなって、それが下半身から身体全体の血行にも影響するからなんです。

 


 

では、靴の中に敷いてある、中敷きを見てみましょう。

 

チェックボックス親指や小指部分がへこんでいたら、足のサイズに比べて靴が小さい証拠になります。

 

身体に悪いので、すぐに自分にフィットする靴に履きかえましょうね。

 


 

次に、靴底の減り具合で、身体の弱い部分がわかるので、今一度確認してみてください。

 


 

チェックボックスひざが弱い人は、つま先部分の靴底の減りが目立ちます。

 

 

チェックボックス腰が弱い人は、かかと部分の靴底の減りが目立ちます。

 


 

足に合わない靴を履き続けると、ひざが弱い人はさらにひざを痛めやすくし、腰が弱い人は、腰への負担が増してさらに痛めやすくなるので、注意してくださいね。

 

 

<スポンサードリンク>


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ