下半身の不快な症状を楽にする方法(ひざ痛)

変形性ひざ関節症は、軟骨細胞の酸欠死が原因だった

ひざ痛で最も多いのは、変形性ひざ関節症ではないでしょうか!?

 

変形性ひざ関節症と病院で診断された場合、

 

ひざの骨と骨の間のクッションを働きをする軟骨が、何らかの原因で削れてしまい、骨と骨が直接接触をするので痛みが走ると考えられます。

 

現在日本では、1000万人ほどの変形性ひざ関節症の人がいて、女性は60歳以上の、およそ4割以上が患者だと言われています。

 

家の中では、

 

立ち上がったり座るとき
靴下を履くとき
トイレ・お風呂を利用するとき

 

また、屋外では、

 

駅などの階段の上り下り

 

以上が特に悩まされるといいます。

 

今までひざ痛が変形性ひざ関節症と診断される原因として

 


 

老化
運動不足
肥満

 


 

が、ひざの筋力の衰えとして考えられてきましたが、軟骨が割れる要因としては

 

軟骨をつくっている細胞が酸欠になって死んでしまった結果、炎症で痛みが起こるということもわかってきたのです。

 

とはいえ、安静にして身体を動かさなければ、さらに軟骨細胞の酸欠が進行し症状が悪化するので、できるだけ身体を動かして軟骨細胞を活性化させないといけません。

 

 


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ