太り過ぎによる弊害

ストレッチをすることによって血管がよみがえる

太ると脂肪が増えて血管が固くなり、さらに身体も硬くなってしまうって知っていましたか!?

 

血管が固くなるというのは、動脈硬化であって、あらゆる病気も誘発しやすくなるので注意しなければなりません(+_+)

 

 

これまでは一度固くなった血管は、もう二度と元のように柔らかくはならないと考えられてきましたが、最新の研究では、血管も元の様に柔らかくする方法がある。

 

と、国立健康・栄養研究所でわかってきたのです。

 

 

その方法が何かというと・・・・!?

 

ずばり【ストレッチ】をすることだったのです。

 

 

血管が固くなる理由は

 

  • 血管は筋肉で出来ている
  • たんぱく質のコラーゲンは筋肉を支える重要な物質
  • 太り過ぎで糖質が増えると、コラーゲンに糖がたくさん付着する(糖化)
  • 筋肉の弾力がなくなる
  • 血管が固くなる(=動脈硬化になる)
  •  

 

怖いですよね・・・・・・(-_-;)

 

では、血管が固くならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか・・・

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

まず、ストレッチをすると、筋肉が伸びてコラーゲンにある繊維芽細胞が活発化します。

 

繊維芽細胞が活発化することにより、それまでのコラーゲンを破壊して新しいコラーゲンをつくり、新しいコラーゲンが増えれば、筋肉は結果的に柔らかくなるのです。

 

意識してストレッチすることは大事ですね!

 

 

ストレッチする女性

 

自分の血管が固いかどうかは前屈運動で調べられる

歳を重ねるほどに、運動不足に悩まされたりしませんか!?

 

いつの間にか体重が増えている・・・なんていうことも、多くの方が経験あると思います。

 

ダイエット女性

 

主な原因として、運動不足や食生活の乱れがあげられますが、知らず知らずのうちに身体が太ると、生活習慣病を始め、あらゆる病気を誘発するんですね。

 

そこで、予防のために、今現在自分の血管が固いかどうか(動脈硬化の進み具合)を調べる簡単な運動があるので、みなさんぜひお試しください☆

 

  1. 両足を伸ばして床に座ります。
  2.  

  3. 腕を伸ばして身体を前に倒します。
  4.  

  5. つま先に手が届けばOKです。
  6. もし届かない場合は、残念ながら身体が固い(=血管が固い)という証明になります。


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ