睡眠がもたらす効果

質のいい睡眠をとることにより、美肌になるって知ってましたか?

 

特に眠り始めの3時間というのが、成長ホルモンが盛んに分泌され、肌内で細胞分裂が行われていたんですね。
お肌のゴールデンタイムと言われている午後10時〜午前2時の間に熟睡していることが大事なので、美肌目指してこの時間には寝ているようにしましょうね^^

 

≪質のいい睡眠をとるためには≫

 

  • 就寝時、携帯OFF
  • 照明は消す
  • のどが乾いたらノンカフェインの飲み物を飲む
  • リラックス効果のある精油(アロマオイル等)を活用

 

  1. 脳が活動したまま眠りに入ると、十分な睡眠を得られないので、寝るときには携帯の電源は消しましょう。
  2.  

     

  3. 照明を消すことによって、眠りを促すメラトニンの分泌量が増えるので、(目に入る光の量が減るため)照明は消しましょう。
  4.  

     

     

  5. 脳を刺激し覚醒させる<コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェイン>は、寝る直前は控えることです。もし、のどが乾いたら、ノンカフェインの飲み物、不眠症に効果のあるカモミール(ハーブティー)がおすすめですよ。
  6.  

     

  7. 精油やお香をたいてリラックスするのもおすすめ。ラベンダー、マンダリン、カモミールなどが眠気を誘う香りです。ぜひお気に入りの香りでお部屋を満たしましょう。

 

深い睡眠の『ノンレム睡眠』と浅い眠りの『レム睡眠』は交互に繰り返します。

 

『ノンレム睡眠』と『レム睡眠』は2種類合わせて90分を一つのサイクルとして考えます。

 

寝入った時間から4.5時間後、6時間後、7.5時間後、9時間後に目覚ましを掛けると寝起きがすっきりしますよ。

 

夜更かしをしたら翌日体調が悪くなりますよね?

 

夜更かしをした翌日って、なんか身体が重いな〜。とか、ダルイな〜とか思いますよね?

 

この不調の原因って、就寝中に肌を含む身体全体が修復しきれなかったということなんですよ。

 

血液を通して身体は修復されますが、日中は血液のほとんどが脳に集中するため、肌に栄養が行きにくい点が注意です。

 

睡眠によって血液は身体のあちらこちらに流れ、そして肌にも栄養が届くので、効果的な睡眠方法は習慣化したいですね。

美肌作りに必要な食事と飲み物

美肌になるための食事や飲み物というと、真っ先に思い浮かべるのはビタミン類の野菜やフルーツといった食品ではないですか?

 

 

ただ、ここで注意して頂きたいのは、これら野菜やフルーツなどに含まれる栄養素というのは単独で作用するものではないのです。

 

 

なので、特定の栄養素ばかりを一度に摂取するのではなく、様々な種類の栄養素をまんべんなく摂取することが大事ですよ。

 

そして五感が磨かれていれば、好きなものを食べても自然にバランスが整うので、正しい知識と五感を磨くことを心がけましょうね。

 

多種類の食品で美肌作り!

 

美肌作りに欠かせない栄養素はビタミンA、たんぱく質、ビタミンCの3種類です。

 

イメージ的に肉や魚のたんぱく質などは、太るイメージがありませんか?

 

しかし、様々な栄養素をバランスよくとってこそ栄養素(ビタミン)もうまく体内で働くということは覚えておきましょうね。

 

ビタミンA たんぱく質 ビタミンC

 

肌や粘膜を正常に保つ

 

身体のベースを整えて健康な肌へ導く

 

美白や保湿
アンチエイジングへ


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ