紫外線は、波長の長さによってUV-A(紫外線A波)UV-B(紫外線B波)UV-C(紫外線C波)の3種類に分けられます。

 

紫外線

 

その中で、UV-Cはオゾン層に吸収され地表では観測されないので、現時点では直接肌に影響はありません。しかし、今後オゾン層が破壊されていくと地表に到達して生体に影響が出てくることも懸念されています。

 

*波長が短くなるほどお肌に与える影響は大きくなります。(波長はUV-A→UV-B→UV-Cの順で短くなる)

 

地表に届く紫外線は、UV-AとUV-Bです。

 

UV-AとUV-Bの違いは?
UV-A(紫外線A波)…UV-Aは曇り、雨など気候に関係なく一年中降り注いでいる。そのためじわじわと肌の奥の真皮にまで侵入し、コラーゲン・エラスチン繊維が破壊され、日焼けだけでなく、お肌のたるみ・しわの原因となる

 

 

コラーゲン・エラスチン

 

UV-B(紫外線B波)…山や海に行って、ずっとあたり続けることによって、肌が赤くなる。(やけどをしている状態になっている=サンバーン)
このようにサンバーン(日焼け)やサンタン(肌を黒くする)の原因となるのがUV-Bである。
UV-BはUV-Aより人体に与える影響が大きく、シミやそばかすの原因にもなるので、日傘をしたり日焼け止めを塗るなど日に焼けない対策をとることが大事

 

紫外線

 

 

化粧品でよく見かける『SPF』とは?

SPFはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、UV-Bの防止効果を表す数値である。

 

一般的に日焼け止めの数値が高ければ日焼けしないと思っている人が多いが、このSPFの数値はヒリヒリとした日焼けが起き始めるまでの時間を遅らすことができるということ。

 

ヒリヒリとした日焼けが起き始めるまでの時間が、色白な人(20分)普通の人(25分)色黒な人(30分)と言われているので、、

 

例にあげると、

 

普通の人が『SPF24』の日焼け止めを塗った場合

 

◎25分×24(SPF数値)=600分(=10時間)

 

つまり、何も塗らなかった場合と比べて10時間ヒリヒリした日焼けを遅らすことが出来るのである。

 

日焼け止めは時間が経つにつれ効果が薄れていくので、こまめに塗りなおすことを忘れずに

 

紫外線対策

 

 

日焼け止めのPA+とは?

PAはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UV-A)の略で、皮膚の即時黒化を指標し、UV-Aの防止効果を表すものである。

 

つまり、日焼け止め商品を使用したときにUV-Aによる皮膚の黒化をどこまで防ぐことができるかを表しているのである。

 

※即時黒化…すでに皮膚にあったメラニン色素が酸化して、わずかに黒く変化する(灰色がかった色)が数時間で消える。
日焼けによる皮膚の黒化(遅延型黒化)とは違う。

 

効果の度合いとして

 

PA+(効果がある)
PA++(かなり効果がある)
PA+++(非常に効果がある)
PA++++(極めて高い効果がある)

 

の4段階表示。

 

PAは数値化できないので+表示となっている。

 

日常生活を送る上ではPA++が肌への負担も少なくおすすめ

 

紫外線対策

 


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ