ジェルネイルの特徴

ジェルネイルは、自爪の上に乗せて人工爪を作る技術の一つで、UVランプまたはLEDランプを当てて硬化させます。

 

 

硬化したジェルは爪への密着度と強度が高いので、すぐに傷んだりせずマニキュアより丈夫で長持ちします。(2〜3週間ほど)

 

 

ライトに当てたジェルはすでに固まっているので、すぐ他の作業が出来ます。また、洋服にネイルがついたり水洗いして落ちるなどの心配がありません。

 

 

マニキュアより美しい光沢感やガラスのような独特のツヤ感があります。硬化するまでやり直せるので、その透明感を生かしたアートやデザイン性の高いネイルがバリエーション豊かに楽しめます。

 

 

ジェルは無臭なので、マニキュア独特の臭いが気になっていた方にもおすすめです。

 

ジェルネイルの種類

ジェルネイルにはソークオフジェル(ソフトジェル)とハードジェルの2つのタイプがあります。
現在、ネイルサロンで主流なのが、ソークオフジェルです。専用の溶剤で簡単にオフができる手軽さが受けて、日本に広まりました。

 

 

*ソークオフジェル…アセトンなどの溶剤でオフすることのできるジェル。柔軟性があり、自爪にフィットするのではがれにくい。初心者でも手軽にジェルネイルを始めることができる。

 

*ハードジェル…ソークオフジェルより強度が高いジェル。アセトンでは溶けないので、ジェルの上をポリッシュで塗り替えることもできる。長い爪を作るのが得意。

 

ネイルアートの種類

・フレンチネイル…フレンチネイルはネイルアートの基本。ベースジェルを塗ってクリアベースを作ってから爪の先端だけをカラージェルで塗るアート。

ピンクのフレンチネイル

 

・逆フレンチネイル…フレンチネイルより幅が広がるので面積が多い分むらなく仕上げることがポイント。

逆フレンチと花柄ネイル

 

・グラデーションネイル…カラーグラデーション、ラメグラデーションなどがあり、グラデーションは”重ね塗り”や”ぼかし”が基本。2回くらいに分けて爪半分と爪先にジェルを塗り境目をぼかしてグラデーションを作る。

グラデーションネイル

 

・3Dアート…立体的にアートを施す技法。アクリルパウダーとアクリルリキッドを使って行う。初心者にとっては難易度が高い。

3Dアートネイル

 

・ホログラム…光沢のあるスパンコールのような薄いフィルム素材。丸型、多角形、星、オーロラ等サイズやカラーもさまざまにある。

ホログラムアートネイル

 

・ラインストーン…ネイルアートに使用するクリスタルやアクリルでできた光る石。爪際にのせるときは、際ギリギリではなく際から1mm離れたところにのせる。取れやすさだけでなくリフト防止にもなる。

ストーン


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ