表情筋

1.前頭筋(ぜんとうきん)…眉毛から頭頂部までを覆う筋肉。眉を持ち上げたり上目遣いをするときに使う。おでこに横皺を作る。

 

2.側頭筋(そくとうきん)…頭の側面、耳の上部に広がる筋肉。咀嚼するときに使われる。

 

3.皺眉筋(しゅうびきん)…眉を横向きに走る筋肉で、左右両側に存在。主な働きは眉をひそめる動作・眉間に縦皺を寄せ、嫌悪の表情を作る。

 

4.眼輪筋(がんりんきん)…眼の周りをぐるっと囲む筋肉。輪になっている筋肉のマッサージは丸く円を描くように行う。

 

5.鼻筋・鼻翼筋(びきん・びよくきん)…眉間から鼻先までを縦方向に走る筋肉が鼻筋。小鼻にある扇状に走る筋肉が鼻翼筋。鼻を広げたり、狭めたりするときに使われる。

 

6.大・小頬骨筋(だいしょうきょうこつきん)…頬骨から口角に向かって走っている筋肉。口を開けたり口角を引き上げるときに使われる。

 

7.頬筋(きょうきん)…頬をふくらませたり凹ませるときに使う口輪筋の深層に入る筋肉。

 

8.咬筋(こうきん)…頬に縦方向に走る大きな筋肉。2層に重なっている。咀嚼するときに使われる。

 

9.口輪筋(こうりんきん)…口の周りをぐるっと囲む筋肉。口の開閉、唇をすぼめるときに使われる。

 

10.舌骨上筋群(ぜっこつじょうきんぐん)…下顎の内側を沿うように走る筋肉。口を開けたり食べ物を飲み下すときに使われる。

 

11.胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)…頭部と胸骨、鎖骨を繋ぐ筋肉。頭を支え左右に動かすときに使われるので、凝りやすい。

 

 

 

表情筋

 

 

 

 

 

 

 


自己紹介 遠隔ヒーリングとは お問い合わせ